ピアノ 調律 グランフィール 中古|グランドミュージックピアノ|ピアノの調律

ブログ

TEL:052-414-4555お問い合わせはこちら

ブログ

2015年12月08日

ピアノ調律、整調について

調律師には大きく分けて、調律、整調、修理といった作業内容があります。
今回はその中の「整調」の目的、必要性についてお話しようと思います!

 

整調とは、演奏者が自分の意思をそのままに表現し、聴く人がその意思を手に取るように感じることが出来るような、ピアノ本来のタッチや、ペダル機能を作り上げることが目的です。
整調を行う事によって、例えば音量の変化を自由にコントロールできるようになるなど、表現の幅が広がることは間違いないでしょう。

 

また、「鍵盤が上がらない、カタカタ雑音がする、音が出ない、出にくい」
といった一般家庭でよくきかれるピアノの不具合の多くが整調のみで修復するものなのです。

 

調律師というと、「音をきれいに合わせてくれる人」と認識されている方がほとんどだと思います。
ですが整調がきちんとされていないピアノでは正しい調律ができません。
「音をきれいに合わせる」為には「整調」が重要であるということも知っていただきたいと思います。